7月 12

2016年7月12日(火) シロイカ釣りについて少々・・・②

私も上手な方ではないですが、シロイカ釣り、実釣について少々。。。

仕掛けはめたら釣れる!のは間違いですね。
もちろんそれに越したことはないですが(^^;)

シロイカは特に繊細なアタリを取っていく釣りです。
イカが掛かって竿がグングン曲がってはじめて対応する方が多いです。

それで釣れる場合もありますし、例外はありますが、グングンアタリが出た時は、

『イカが違和感を感じて足を切って逃げる算段をしている時』

だと思います。

一瞬アタったのにゲソだけついている・・・あるあるですよね~!
美味しいですが( *´艸`)

大体、その前に前アタリがあります!

フワフワとかピクピクとか、波の揺れとは違う違和感(^-^;

人よりも釣れる人はこれがわかる人ですね!

『前アタリ』、もしくは『違和感』があれば『軽く合わせて(仕掛けを上げて)』掛ける!

イカが掛からなければ『上げた分ゆっくり下げる』、それが『誘い』になる!

間違えても闇雲に何回もシャクったり、これでもかと力いっぱいシャクったりしないでくださいね。
シロイカが怯えて遠巻きになります。

そして大事なのが棚ですね。

その日、その時間によって釣れる棚があります。

それを自分で探るつもりで頑張ってください。
釣れた人に道糸の長さ、仕掛けの間隔を聞いて合わせていって下さい。

良く釣れる日は上層も試してくださいね。
道糸海面~5mで上のスッテに掛かることもよくある事です。

次に誘い方です。
一番多くやられるのは電動ユル巻き。
これも一つの誘いと考えて、ワンパターンでは無く、いろいろ誘いをかけてくださいね。
スルメイカと違いどちらかというとゆっくり目が基本です。

いろいろやっているうちにアタリパターンなども出てくると思います。

・竿をゆっくり大きく持ち上げてゆっくり下げる
・小刻みにシェイクする
・ユル巻き
・逆にゆっくりサミングかけながら仕掛けを下していく
・誘ってからのステイ
・上記の複合
・etc・・・

やってみると、フォール(仕掛けを降ろす)の方がアタリが多い場合がよくあります。

イカにとっては上に逃げていくのも魅力!上から目の前落ちていくのもまた魅力!
ではないでしょうか!?

なので、道糸の細いイカ専門のタックル用意して誘いを楽に、フォールのアタリが増えるようにした方が良いかなと思います。

また、電動ユル巻きで釣っている時、動いているので勝手にかかる場合もありますが、上記の止めている時のグングンアタリが出る前同様に、前アタリがあること多いですよ。
注意して見てみてください。
それを掛けれると釣果もアップすると思います!

いつもなんですが、上層で!道糸3~10m!とアナウンスしても、慣れてない方は、何で?そんな上で??
と、また下に降ろす方も多いですね!

なぜと聞かれればイカに聞いてくれ!状態ですが、、、(^^;)

船底に隠れてるイカは多いですよ!
下から誘って釣れないまでも上に上がってくるイカもいるのではないでしょうか?

船の周りは明るい、船の下は暗い、明暗がありますね!
明るいところ小魚が多く集まります。
イカもハンターなので、暗いところに隠れて明るいところの小魚を狙っているのではないかと思います。

逆に中層や低層でないとアタらない日もありますので、いろいろ試すのが重要です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

魚もイカも同じで、仕掛けはめたら釣れるではなくて、いろいろと海の中をイメージして楽しんでください!

これも絵心あればイメージ画載せたいのにな~。。。
美術の成績一番悪かったので(;´・ω・)

もし、他の人よりも釣果上がらなければ、我が道進まず、現場で私に聞いてくださいね!
アドバイスしますから!

よろしくお願いします(^^)

誤字、脱字、私の勘違いあるかもしれませんが、ご了承を(^-^;

7月 12

2016年7月12日(火) シロイカ釣りについて少々・・・①

シロイカタックルについて少々アドバイス。

昼間の五目釣り流用、もしくはイカタックルでも道糸がPE5号前後の場合、手釣りの場合は基本はオモリは同じ80号でやって頂きます。
潮がユルユルの時はオモリを軽くして頂いて結構ですが、船頭判断でお願いします。

専門にイカタックルを用意するなら道糸をPE1~2号までで、細くすれば少々の潮でも軽い目のオモリを使えますよ。
PE5号~6号、オモリ80号が当船の基本ですから、
PE1~2号までなら40号~60号で、ライト無しか小さくして、また潮緩ければもう少し軽くできます。
PE1号でサルカン直結は結束弱いと思うのでリーダーを少々つけた方が良いと思います。

イカメタルの場合は鉛スッテがもっと軽いと思うので、PE0.8号前後が無難です。
こちらも結束の強いノットが欲しいところですね。

どちらにしても船頭判断にご協力お願いしますね!

FGノット → シーガーWEBサイト ← クリック
FGノット →  堀田氏簡単ノットYouTube ← クリック

水中ライトは小型の良いのが市販されてますね!
シロイカなので小さなケミホタルでも十分です!
逆に大きすぎは潮もかむのでお勧めしません。
点滅は昔はダメだと言ってましたが、、、日によっては、、、??

ちなみに私は目印にライトつけてますが、、、ここ2週間ほど電池切れですΣ(・ω・ノ)ノ!

次に肝心のスッテ仕掛けです。

流行りの豊後スッテが釣果安定ですが、手に入り辛いこともあるようですね。
有名メーカーさんの日本海使用ならどれもイカのノリは良いはずです。

スッテの数は5~7本で良いのですが、間隔は2~3mある方が良いと思います。

たまに10本~15本スッテをつけてる方おられますが、余程手慣れた方以外は手返し悪いだけだと思います。
私は針数多いのは、風ある日など特に難しくて嫌ですね。

また、手前祭りの可能性が増えるし、他の方とオマツリした時も解くのにスッテの数だけ時間がかかりますね。
結果釣り時間が短くなることもあります。
2セットを繋いで長くするぐらいなら、トラブル用に1セット置いておく方が良いと私は思います。

自作を楽しみたいならビーズでも良いですが、長いとコブを作るの面倒だと思います。
私がやってる方法でも良いと思うので、以前のページを貼っておきます。

見にくいかもしれませんが → イカリーダーの自作

10代の見習い時期からやってますので釣果はそれほど下がらないはず、、、ですが、あくまで自作なので自己責任でお願いします(^^;)
ダブルが嫌なら強度は下がりますが、輪の片方を切ると1本の枝ができますよ!
安いボビン巻きの6~7号ぐらいのラインで使い捨て間隔でやってください!

イカメタルはリーダー3号~4号ぐらいが標準ですかね?
鉛スッテは30号ぐらいまでお持ち下さい。
枝をつけてウキスッテ、小型のエギをつけてやってください。
枝は回転ビーズで良いと思いますし、『船匠ナチュラル胴突き』のように幅を取れば誘導式にも簡単にできるのではないでしょうか。
釣れなければスッテ、鉛スッテのカラーやサイズを変えれるように小型のスナップをつけた方が良いと思います。

タックル画を描いてみましたが、絵心と字が汚いのでアップ止めますΣ(・ω・ノ)ノ!
よくわからなければ検索していろいろ研究してくださいね!
何だかんだ言っても出来るだけシンプルなのが一番ですよ。

DSC_0273

ちなみに上記の自作のイカリーダーは、長さを変え、8の字部分を小さくすると胴突きの仕掛けの幹糸も簡単に自作できます。
強度は若干落ちるので、枝糸より1号太くして6号以上のラインでやった方が良いです。
枝も先端を小さな8の字結びをして、輪と輪を潜らせれば胴突き仕掛けができます(^^)

実釣は後ほど。